7.12.2017

Giggle Wiggle vol.2 終了!




 
 


 恵比寿Baticaとの合同企画"Giggle Wiggle"第2回目、すばらしかのEPリリースパーティー大盛況にて終了いたしました!
お越しいただいた皆様、EPお買い上げいただきました皆様、出演者皆様、恵比寿Baticaスタッフ、そしてリリースに関わっていただいたP-VINE RECORDSスタッフ皆様、本当にありがとうございました!

先行販売分EPも完売しました!!

トップバッターのCAR10からライブの熱量凄かったです。SaToA、Suueat.、そして最後のすばらしかまで全部観ていたお客さんが多くて最初から最後までライブの熱量も変わらず、素晴らしいイベントだったなとあらためて感じています。
私はRhyming Slangとしてキュレーターで関わらせていただき、ほぼバンドのオーガナイズで進めていたので私自身客観的に楽しめた部分も多く、すばらしかメンバー加藤寛之を中心によくここまでの雰囲気作りが出来たなぁと感動すらしています。

思えばカトーとは彼が10代の頃に知り合って、その時はまさか彼がバンドをやる事にになって、しかも全国流通盤のEPをリリースする事になるなんて考えてもみませんでした。
なんだか色々感慨深いです、、いやー、ホントに頑張った!カトーお疲れ様!!

音源も早速聴かせてもらいましたが、ストレートに心に届く日本語歌詞とメロディーが彼らのソウル、アティチュードを聴く側に全力でぶつけてきていて、なんとも清々しく潔い作品に仕上がっています。
7月19日の発売日にたくさんの人に手に取って聴いてもらいたいです。

このままストレートに、そしてひねくれつつ(笑)、今まで以上に清々しく突き進んで欲しいです。アルバムも楽しみです!

さて、次回Rhyming Slang関連の企画は、下北沢Basemant Barにて不定期開催しております、BB高木さんとの合同企画"Being Creepy"のサマーエディションを真夏にやっちゃいます。
フランス、大阪、東京とバラバラの拠点で活動しているThe Josephs の一夜限りの東京公演です!
取り巻くは、こちらも海外と日本と別々の拠点で音楽活動をしているSmokebees、この日初披露の4人体制でのライブとなるHarps、浮遊感とサイケデリックの幻想世界を音で体現できるEupholks、水戸と東京の中距離で頑張るピュアなギターポップバンドwith me!のメンバー2人によるデュオセットというギターポップ/インディーポップ炸裂のラインナップになります。
そしてDJは、5月のRhyming Slangでも個性的なDJを披露してくれたマキくんとコムくん。彼らとは綱島のr(アール)さんでDJしている時に知り合ったのですが、選曲の柔軟さには本当に驚かされます。
Rhyming SlangのコンセプトとしてはDJや会場BGMも楽しんで欲しいというのがあって、バンドの合間に流れるいい曲があって次の日レコ屋で買った、DJ目当てで来たけど出てるバンドが好みで好きになった、そういう音楽の出会いのきっかけを作っていきたいと考えてます。自分もそうやって音楽を聴いてきたので。
マキくん、コムくんはまさにその理想どおりのDJです。今回はポップチューンで来るのか、はたまたビーチ/サマーセレクトで来るのか、今からとても楽しみです!

時期的にもキラキラしたフェス感を出したいと思ってます。ギラギラした夏の日差しを遮るベースメントで夕方からゆるっと楽しめたら。
早めに終了するイベントなのでハシゴも可能です!是非遊びに来てください!


2017.8.5
Being Creepy Summer edition
at下北沢Basement Bar

op/st 16:00
adv:1,500yen(+1Drink) / door:2,000yen(+1Drink)

The Josephs
Smokebees
Eupholks
Harps
with me!(duo set)

DJ:
Komu
kaoru_maki
(somewhere records)

【venue information】
http://toos.co.jp/basementbar/event/being-creepy-summer-edition/




7.01.2017

Giggle Wiggle vol.2 すばらしか "灰になろう" 先行リリースパーティー


恵比寿Baticaとの合同キュレーション企画の第2弾は、若き和製ブルースバンド"すばらしか"のNEW EPの先行リリースパーティーです!
Giggle Wiggleは、恵比寿Baticaの全面バックアップのもと、Rhyming Slangがオーガナイザーを選出していくという新しい形のイベントです。

今回のオーガナイザーはもちろん、すばらしか。彼らが日頃から交流があるバンドとDJによるラインナップです。
当日は7/19リリースの全国流通盤EP『灰になろう』の先行販売を行います!
リリースパーティーは予定していないとのことですので、お祝いに会場に足を運んでいただけると嬉しいです!ご予約はいかなる方法でも受け付けております!



7/8sat

Rhyming Slang×Batica present
Giggle Wiggle
at Ebisu Batica

op/st:17:30
adv:2,000yen/door:2,500yen(ともにD別)

すばらしか
CAR10
Suueat.
SaToA

DJ:
ちょっかん(POP GOES ART)
加藤寛之(すばらしか)

※出演を予定しておりましたDaniel Kwonは、アーティスト都合によりキャンセルとなります。

【information】
http://www.batica.jp/schedule/rhyming-slangxbatica-present-giggle-wiggle/


■すばらしか 



2015年末に、福田(Vo/Gt)、加藤(Ba)、中島(Dr)で結成。現在はサポートとして、林(Key)を迎えた4人で演奏している。若手バンドながら昭和の雰囲気を醸し出すフォーキーなリリック、真の和製ブルースながら強いロックスピリットも併せ持つ楽曲。クオリティの高いライブパフォーマンスにも定評があり、都内を中心にハイペースで活動している。

初の全国流通盤『灰になろう』が、7月19日に発売される。今年の2月に5曲入り同タイトルの自主盤が、ライブ会場や各地レコード店で発売されたとたん軒並み話題を呼び、入手不可の状態が続いていた。このたび発売される作品は、自主盤をリマスタリングし、「灰になろう」(Live ver)、新曲「傘をさしたままの心」(Live ver)、萩原健一「お元気ですか」のカヴァーを加えた、計8曲入りのEPとなる。

6.11.2017

Giggle Wiggleプレパーティー終了!



恵比寿Baticaとの合同キュレーション企画として始動しました、Giggle Wiggle(ギグルウィグル)プレパーティー楽しく終了させていただきました!
お越しいただいた皆様、恵比寿Baticaスタッフ皆様ありがとうございました!!

セメちゃん、カイロフェノメノンズ、トーイングス楽しかった!また近々集って飲みましょう~~

日頃仲良くしてくれている友人も集まってくれて、アットホームな雰囲気で終了しました。Rhyming Slangはしばらくペースダウンしての開催となるので、Giggle Wiggleはみんなでワイワイ出来るパーティーとして、これからも続けていきたいです!
ノエルちゃんとマイロ君の選曲もホントに最高でした~。DJするのが好きだし楽しい!と公言する2人の前のめりで個性的な選曲、大人の人たちにも是非体験してもらいたいので(私も初心を思い出してハッとさせられる事だらけです)これからもライミングとバチカで彼らを全面的にバックアップしていきたいと思います。

このパーティーは、恵比寿Baticaの全面バックアップのもと毎回Rhyming Slangとしてオーガナイザーを選出させていただき進めていくという、キュレーション企画です。7月のオーガナイザーは"すばらしか"
すばらしかメンバーが個人的に仲良くしている大好きなバンドを選んだ最高のラインナップ。
当日には、7/19リリースの全国流通盤EP『灰になろう』の先行販売を行い、POP GOES ART制作による完全会場限定の特典も購入者先着順で配布します。リリースパーティーは予定していないとのことなのでりりパとして足を運んでいただけたら嬉しいです!

久しぶりに一緒できるサトア、このラインナップで組めるのは最強なんじゃないでしょうかダニエルくん、足利からCAR10とSuueat.も来てくれるので泥酔の予感しますwwwこちらも打ち上げ含め楽しみです!!

7/8sat

Rhyming Slang×Batica present
Giggle Wiggle
at Ebisu Batica

op/st:17:30
adv:2,000yen/door:2,500yen(ともにD別)

すばらしか
CAR10
Suueat.
SaToA
Daniel Kwon

DJ:
ちょっかん(POP GOES ART)
加藤寛之(すばらしか)

【information】
http://www.batica.jp/schedule/rhyming-slangxbatica-present-giggle-wiggle/



5.31.2017

Being Creepy vol.2 ありがとうございました!


Being Creepy第2弾、またもや外人多めの海外雰囲気で良い感じに終了しました~
お越しいただいたお客様、出演者皆様、高木さんはもちろんのことBasement Barスタッフ皆様、ありがとうございました!

オランダからJSCAとRed Brut、ニュージーランドからThistle Group、個性的なパフォーマンスでとても楽しかったです!
特にRed Brutは、1曲ごとにカセットを投げ捨てるというスタイルのアートとしても楽しめるステージングでした。

残念ながらCemeteryのリリースカセットが届いておらずお祝いが出来ませんでしたが、goboy特製のダンスミュージックディスクガイドを楽しんでいたお客さんも多く(外人さんが日本語で書かれたzineを一生懸命読んでいて微笑ましかった)、作成してくれたgoboyに大感謝です。
黒電話さんとTHE NESOのパフォーマンスも圧巻でした。ありそうで全くない組み合わせに、2人のDJが華を添えてました。
この企画のテーマでもあるフロアライブとVJやはりあらためて良いです。VJのシュガちゃん、手伝ってくれたサイさんもありがとうございました~

本当に楽しい夜でした。。

高木さんとの合同で行っているこの企画は今後も続けていきたいなと思ってますので、次回は是非足を運んでいただけたら嬉しいです。

次回のRhyming Slang関連イベントは、恵比寿Baticaとの合同で始まりますキュレーション企画"Giggle Wiggle"のプレパーティーです!
Rhyming Slangで毎回オーガナイザーをキュレーションして進めていくという新しい企画です。
今回は、Being Creepyにも出演してくれたCemetery、4月のRhyming Slangにも久しぶりに出演してくれたCairophenomenons、先週発売した7インチがほぼ完売状態のTAWINGS(この日に物販で販売します!)、DJにはマイロ君とノエルちゃんというこちらも楽しいラインナップになっております。

6/9 fri
Batica×Rhyming Slang present
Giggle Wiggle
at Ebisu Batica

op/st 19:00
Entrance:2,000yen w/2drink

Cairophenomenons
Cemetery
TAWINGS

DJ:
Milo
NOELLE



そして、その2日後には下北沢Threeの企画でブッキングお手伝いしてます。
去年ツアーブッキングをお手伝いしましたGRMLNが帰ってきます!!
VoのYoodooが現在短期で大阪に滞在しており、サポートメンバーで東京でライブをしにやってきます。
タイトルはGRMLNの名曲"Teenage Rhythm"より。

そして、この日はThreeとBasemant Barへお越しのお客様はプラス千円で両会場を往来してライブを楽しんでいただけます!ご希望の方は当日エントランスにてお問い合わせください。
フードはハーマスいせさんの六角橋オルタナティブキッチン、グアイズのキャプテンさんのディストロG.R.G DISTROも出店。個人的にも楽しみな夜です。

6/11 sun
Teenage Rhythm
at Shimokitazawa Three

Open 18:00
Adv ¥2,300 (+1D)/Door ¥2,800(+1D)

GRMLN
The GUAYS
Shipyards
without
Suueat.

DJ:
BISCO(Episode Sounds)
MAE(falls)

FOOD:
六角橋オルタナティブキッチン

SHOP:
G.R.G DISTRO

当日Basement BarもしくはThreeにご来場のお客様はプラス千円にて2会場を往復できます。



5.22.2017

Xingfoo&Royショートツアー終了!





シンガポールのXingfoo&Royの3日間のショートツアー無事終了しました!私は高円寺のみしか参加できなかったんですが、 合同企画をしてくれたぶんちゃんは3日間遊びに行っていたようで、すべて良い感じだったようです!!

いや~~本当に良いバンドでした。うっかり写真撮り忘れてしまったので、どなたかの写真を拝借しております。承諾無しで申し訳ありません。。

お越しいただいた皆様、出演バンド皆様、フードも含めてスタッフとして手伝ってもらった皆様、紹介してくれたカズさん、ありがとうございました!

高円寺ドムスタめっちゃいい雰囲気でめちゃくちゃ楽しかったです。またぶんちゃんとこういう企画やりたいなーって思います。

来年とか再来年とかには全国ツアーとかで大々的に来て欲しいですね。

そして5月の怒涛の企画ラッシュもいよいよ最後、Basement Barで3月から始まった高木さんとの合同新企画"Being Creepy"をまたやっちゃいます。

ニュージーランドからエクスペリメンタルユニットThistle Group、オランダはロッテルダムのアンダーグラウンド・シーンの中核イベントMiMaの主催者である2人、ポスト・インダストリアルからニュー・エイジ/ローファイ・シンセ・ユニットとして名門(K-RAA-K)³レーベルよりニューアルバムをリリースしたばかりのRed Brutと、彼女とポスト・パンク・バンドのSweat Tongueでも活動を共し、ロッテルダム発のブロッケン・ウェイヴの担い手でもあるJSCAの来日公演です。

この日にSacred Phrasesから新作"Vessels"リリースするCemetery、オリジナルハーシュサウンドを追求する黒電話666、ニューウェイヴ・ポストパンクバンドTHE NESOも出演、DJにはインダストリアルギークなお2人wizzjonesgoboyが素敵な選曲をしてくれることでしょう。

 当日はCemeteryのリリースをお祝いしてgoboyによるダンスミュージックディスクガイドを入場者先着順でプレゼントします。
エントランスは予約不要の1,000円(ドリンク別)とリーズナブルなお価格ですので、皆様是非飲みに来てください~!
※オープン時間が18時に変更になりました。



5.07.2017

5月の個人企画&DJ

5月は個人としてもRhyming Slangとしても来日ツアーをたくさんサポートさせていただきます!
5/20にはまた恵比寿BaticaにてRhyming Slangあります。
友人であるサイケバンド南ドイツ招聘のベルリンのミニマル/クラウトロックバンドCameraの来日ツアーになります。こちらの詳細についてはRhyming Slangのtumblrをご参照ください。




そして、Rhyming Slangの前日には、Start Trip Trip Fes.で会場装飾をしてくれた"花とひとびと"というイベントを主催しているbnjちゃんと合同で、シンガポールのエモバンドXingfoo&Roy(シンフー&ロイ)のツアーサポートをさせていただきます!
5/18-20まで東京と横浜での日本でのショートツアーをWATERSLIDE RECORDSのカズさんがコントロールしていて、声をかけてもらいました。
bnjちゃん共々彼らの音源を聴いた時にかなり衝撃を受けまして、高円寺ドムスタに最高の4バンドが集ってくれることになりました!

会場のGスタと屋上はbnjちゃんが飾り付けしてくれるので、キラキラとしたいい空気感で5バンドを演出してくれること間違いなしです。
屋上では、Tea Recordsの所さんが混ぜそば(油そば)でFOOD出店してくれるので、こちらも楽しみです!

去年のライミングでの台湾に続き、スケボーパークに出演してくれた徐波くん率いるChinese Footballのツアー、年明けの台日友好イベントStart Trip Trip Fesや今年の韓国のインディーバンドAKUAのツアーといい、最近はライミングとしても個人的にもアジアのインディーシーンが熱いです。
fallsやmalegoatなどのアジアのエモリバイバルが好きな人は絶対にこのXingfoo&Royツボだと思います。
是非お近くの会場にお越しいただけたら嬉しいです。
ツアー日程はこちら、WATERSLIDE RECORDSのブログにて確認の上ご来場ください。

5/19(金)
bnj(花とひとびと)&Sue(Rhyming Slang)合同企画
Xingfoo&Roy Japan tour 2017
at 高円寺 Sound Studio DOM

open:19:00 start:19:15
Entrance:1,000yen

Xingfoo&Roy(Singapore)
Goodbye Gangsters
OutHouse Map
Bug
SUMMERMAN

FOOD(屋上):所さんのまぜそば





3月からスタートしましたBasement Barの高木さんとの合同企画である"Being Creepy"の第2弾があります。
オランダからポストインダストリアル/ニューエイジRed Brutとブロッケン・ウェイヴJSCAのトラックメイカー2組と、ニュージーランドよりエクスペリメンタルユニットThistle Groupが来日します。
迎える日本勢出演者は、同日にアメリカのアンビエントレーベル"Sacred Phrases"から新作をリリースするCemetery、ノイズ・アヴァンギャルド/ハーシュノイズ黒電話666、ポストパンク/アナーコパンクバンドTHE NESO、DJには界隈随一のインダストリアル音楽ギークgoboyとwizzjonesというマニアックなラインナップ。
こちらはまた各バンド紹介をあらためてブログにアップさせていただきます。

なお、当日のCemeteryのリリースをお祝いして、goboyによる"オブスキュアダンスミュージックガイド"を入場者特典として先着順で配布いたします。当日は予約不要のエントランス千円(ドリンク別)になりますので、早めにご来場いただき是非ディスクガイドをゲットしてください!

5/26(金)
Being Creepy
at 下北沢 Basement Bar 

open:18:00 start:18:30
Entrance:1,000yen(Drink別)
※open時間が18:00に変更になりました。

Red Brut(Holland)
JSCA(Holland)
Thistle Group(NZ)
THE NESO
黒電話666
Cemetery  

DJ:
wizzjones
goboy

【venue information】
http://toos.co.jp/basementbar/event/being-creepy-2/



 


さらに月末には、Rhyming Slangでもお世話になっているDisguasting CabbeggeがツアーブッキングをしているオーストラリアのロックバンドWild Honeyの来日公演にてDJします。
Maroon5やToploaderなどピュアなロック全開なサウンドです。月曜日ですが遊びに来てください!

5/29(月)
at 渋谷Ruby Room
 
adv:2000yen/door:2500yen(ドリンク込み)
open 19:00/start 20:00

Wild Honey(Australia)
Jan and Naomi
Mirror Moves
Disgusting Cabbege
  
DJ:
Sue( Rhyming Slang ) 
and more!

 



3.27.2017

Being Creepy ご来場ありがとうございました!


昨日のBeing Creepyお越しいただきました皆様、出演者皆様、そしてBasement Barスタッフ皆様ありがとうございました!

雨のあげく肌寒い日になってしまいましたが、全バンドのパフォーマンスはめちゃ熱かったです。最高でした!
フロアライブでVJの効果も最大限に活かされ、装丁していた会場の雰囲気は求めていた以上になりました。

このBasement Barでの新企画は高木さんと共にこれからも続けていこうと思いますので、チェックしていただけたら嬉しいです。
次回は5/26金曜日、海外からのツアーブッキングとなりますので詳細はツアー情報解禁になってからになります。こちらも個性的なラインナップでフロアライブでお送りします!

さて、3月は3週連続自主企画という過酷なスケジュールをこなしましたが、思ったより満身創痍で身体はボロボロになりました、、笑。
5月にも3つ自主あります笑。全部来日ツアーですが、今年は去年に増して来日凄まじい数ですね。。
これでも去年あたりからかなり断っているんですが、、

バンドやイベンターの方で来日ツアーのブッキングなどに興味があったらご一報ください~お願いします!

そして4月はRhyming Slangがサポートさせていただきます韓国のインディーバンドAKUAの来日ツアーがあります!
4/15綱島Rさんにてのインストアイベント、4/16は恵比寿BaticaにてRhyming Slangになります。
詳細はRhymingのtumblrにて。予約受け付けておりますので、是非ご来場ください!

【AKUA Japan tour information】